“多聞寺”の読み方と例文
読み方割合
たもんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は、そこから少し降りた多聞寺へ移って、その晩からまた、かねて良人にいわれていたとおり、ただ平凡な母親の任だけを任としていた。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なお今年になっては、奥金剛多聞寺に避難していた正成の妻子たちが、山づたいに、伊賀の卯木を頼って落ちて来た。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「遠くの陣ばかりか、近くの木見、猫背山、多聞寺下の敵兵なども、あわてふためいて、なだれ退がって行きまする。一兵も打って出ず、ここはこうしておりますのに」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)