“塚穴”の読み方と例文
読み方割合
つかあな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女はすでに死を覚悟していると、行くこと六、七里にして大きい塚穴のような所へ行き着いた。
家族を率いて次から次へと雨露を凌ぐに足る様な適当な岩窟や、塚穴などを見付けて臨時の住家とし、竹籠などを造っては、その付近二三里の場所を売って歩く。
この強健な土地のもっともわしい特質を汚す旅館の癩病、世界の肥満した人々が健康をいに来る奇怪な市場たる外国人の町々、数のきまった食事、動物の塚穴の中に投げ捨てられた獣肉の濫費