“報恩寺”の読み方と例文
読み方割合
ほうおんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
品物は今いわゆる「雅陶器」と「粗陶器」との二種に分れる、上物の土は三代から、下物の土は報恩寺から取るという。
雲石紀行 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
都府楼観音寺唐絵と云はんに四ツ目の鐘のなる、報恩寺白地なるぞ屏風立てしやうなり。木立薄く梅紅葉せず、三月の末藤にすがりて回廊にを設くるばかり野には心もとまらず……云々
出雲の産物で是非とも記さねばならないのはいわゆる「黄釉」の焼物であります。布志名湯町報恩寺母里などは皆同じ系統の窯場でありますが、中で歴史に古いのは布志名であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)