“堅板”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たていた50.0%
パーテカル50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“堅板”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
堅板たていた、横板、平板、支柱しちゅう帆類ほるいすべての材料は、サクラ号からとっておいたものだけで十分であった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
船室ケビンという船室ケビンの窓が、青い、水族館みたいな波の底の光線にとざされたまま、堅板パーテカルや、内竜骨キールソンが、水圧でもって……キイッ……キイッ……キシキシキシキシと鳴るのを聞いていると
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)