“堅城”の読み方と例文
読み方割合
けんじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
楠木勢の前線のかなめ、すなわち金剛山の中腹の堅城上赤坂ノ城を攻めつぶし、の一つを抜いたのだった。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
にはあらねど、天下無比の大観たり堅城たり、あらゆる美と質と威とをもって築きあげたい
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こういう意力と、心理の兵のまえには、不落堅城も、もののかずではない。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)