“在五中将”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ざいごちゅうじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“在五中将”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もっぱら当代の在五中将ざいごちゅうじょうと言ふ風説うわさがある——いや大島守、また相当の色男がりぢやによつて、一つは其ねたみぢや……負けまい気ぢや。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
銭形平次は無関心な態度で、よく澄んだ秋空を眺めておりました。見立て三十六歌仙かせん在五中将ざいごちゅうじょうが借金の言い訳を考えているといった姿態ポーズです。