“土合”の読み方と例文
読み方割合
どあい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
食べかけていた弁当箱をおしやると、菱苅は登山口になっている土合駅の駅長に電話をかけた。
一の倉沢 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
二人をのせた深夜の車は、赤城の麓を通るころから雪の上を走りはじめ、上越連峰の真下をくぐり、土合土樽石打や積雪量の最も深い雪の下をくぐりつづけて行く車だつた。
蒼茫夢 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
土合からです」
一つのエチケット (新字新仮名) / 松濤明(著)