“四十面”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しじゅうづら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“四十面”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だから四十面しじゅうづらをさげながら小姓組の於虎おとらや於市などからも、臆病者臆病者と、のべつ揶揄やゆされているふうなので、秀吉はつねに不愍ふびんに思い、庭から引き上げて、余り人に接しないでよい湯殿番に召使っていたのであった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)