“善嗣”の読み方と例文
読み方割合
よしつぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
云々理由で、刑部省の獄司、犬養善嗣に、一夜、たいそう心あたたかな親切によく世話してもろうたと……そこは、お聞えよく、話しておくりゃれ。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)