“商売敵”の読み方と例文
読み方割合
しょうばいがたき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男たちは、から人里ぎにりて少時帰らぬ。内には女房と小娘が残つて居るが、皆向うのかな蔵屋の方へ手伝ひに行く。……商売敵も何も無い。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
立派な商売敵となって対立していた瞬間の光景に、偶然にもめぐり合わせたのであった。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
今までは彼の商売敵であった背の低い猿のような久太郎が、古風な山高帽をって彼の傍に居るのが、同じような久太郎が二人居るように見え、四人位居るようにも見え、彼はふっと気がついて
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)