“唐結”の読み方と例文
読み方割合
からむす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平生腰帯にしていた絹のボロボロの打ちが、だらけの首に三廻りほど捲かれて、ノドボトケの処で唐結びになったままシッカリと肉に喰い込んでいたが
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)