“哀音”の読み方と例文
読み方割合
あいおん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もがく力も乏しい最後の哀音、聞いたほどの人の耳には生涯消えまじくしみとおった。自分は妻とともにひとまず家に帰って、ただわけもわからずため息をはくのであった。
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
夏をうたはんとては殊更に晩夏の朝かげとゆふべの木末をえらぶかの蜩の哀音
詩集夏花 (新字旧仮名) / 伊東静雄(著)
涙さしぐむ哀音
哀音 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)