“呪術”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じゅじゅつ72.7%
まじなひ18.2%
マジック9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると五郎は呪術にかかったように、眼が動かせなくなった。顔を上に向けたまま、そろそろ横に動いて、電柱につかまった。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
肌着ひとつの妖女が牛の乳を搾りだしたのが見えるのだけれど、彼は身動き一つすることも出来ない——呪術にかけられてしまつてゐたのだ。
ウェルナー大僧正の「イングルハイム呪術」など七十余りに及ぶけれども、大部分はヒルドの「悪魔の研究」のような研究書で、本質的なものは算哲の焚書に遇ったものと思われた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)