“同臭味”の読み方と例文
読み方割合
どうしゅうみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
之を又真摯の態度だとかいって感服する同臭味の人が広い世間には無いでもなかったので、私は老人がお宗旨に凝るように、文学に凝固まって、政治が何だ
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)