“同儕”の読み方と例文
読み方割合
なかま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小舎の中の者は蜘蛛の子を散らすように外へ出た。そして、壮い木客のへ往く者もあれば、近くの小舎から小舎へ同儕を呼びに往く者もあった。
死んでいた狒狒 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
金五郎の女房は、鬼魅の悪い偶人を一刻も早く始末をしたいと思ったが、同儕にはもうその噂が弘まっているので、何人も買おうと云う者がなかった。
偶人物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
鶴岡の城下に大場宇兵衛という武士があった。其の大場は同儕の寄合があったので、それに往っていて夜半比に帰って来た。北国でなくても淋しい屋敷町。
葬式の行列 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)