“台傘”の読み方と例文
読み方割合
だいがさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
乗り物、先箱台傘で、この新住職が吉左衛門の家を出ようとすると、それを見ようとする村の子供たちはぞろぞろ寺の道までついて来た。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その後やうやく体の自由がきくやうになつてからすこしは覚えのある傘はりを商売にしてあちこちの借金をかへすうちにある寺の台傘の御用をきいたのが縁となり
銀の匙 (新字旧仮名) / 中勘助(著)
旅姿の松雲はそのまま山門をくぐらずに、まず本陣の玄関に着き、半蔵が家の一室で法衣装束に着かえ、それから乗り物、先箱台傘で万福寺にはいったのであった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)