“古瘡”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふるきず100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“古瘡”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今度は権三の額、古瘡ふるきずのあたりを発止はっしと打ちました。言うまでもなく銭形の平次得意の投げ銭です。
元は武家出というだけに、こんななりが身に付いて、額の古瘡ふるきずも何となく凄味があります。