“厩口”の読み方と例文
読み方割合
うまやぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、城士が通路を指さし、大勢の足は自然に、いまわされた青竹垣に誘われて、御台所の側へ流れ、お厩口へあふれ出して行った。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
厩口より
詩集夏花 (新字旧仮名) / 伊東静雄(著)
『いや、誰という事もないが、今、若殿のおことばで、厩口の木戸が開いておるのに気附いたので』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)