“厚肉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あつにく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“厚肉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二坪ばかりの茶畑があって、緑青色ろくしょういろ厚肉あつにくの葉が、押し合うように盛り上がっていたが、そのかたわらまで歩いて来た時に、嘉門は胸へ腕を組んだ。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)