“単福”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たんふく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“単福”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「されば、ご名察のとおり、単福たんふくと申すものが、新野の軍師として、参加していたとやら聞き及びました」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「拙者は、潁上えいじょう安徽省あんきしょう・潁上)の単福たんふくと申し、いささか道を問い、兵法を学び、諸国を遊歴している一介の浪人にすぎません」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)