“半睡半醒”の読み方と例文
読み方割合
はんすいはんせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寝入るともなくめているともない彼だった。そしてその浅い半睡半醒のうちに、彼と天狗のけじめもなくなっていた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
に、彼女の意識は疲れてしまった。不快な、重くるしい眠が、彼女のぐた/\になった頭脳をみ始めていた。ともなく夢ともないような、いやな半睡半醒の状態が、暫らく続いた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
ある日の午後、「てつ」は長火鉢頬杖をつき、半睡半醒の境にさまよっていた。すると小さい火の玉が一つ、「てつ」の顔のまわりを飛びめぐり始めた。「てつ」ははっとして目をました。
追憶 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)