“勃気”の読み方と例文
旧字:勃氣
読み方割合
むき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「議論をしますの。俊一はあゝいう調子ですから、茶化すんです。三郎は真面目ですから、勃気になって憤るんです」
嫁取婿取 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「年寄はまるで子供でございますわね。直ぐに勃気になりますから、梶を取るのにナカ/\骨が折れますわ。それに子供が何だだと始終世話を焼かせるのでございましょう?」
好人物 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
勃気になるなよ。未だ憤っているのかい?」
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)