“加旃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しかのみなら50.0%
それに50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加旃ず主人公に扮するは、嘗てナポリに在りしとき、闔府の民をして物に狂へる如くならしめきといふ餘所の歌女なり。その發音、その表情、その整調、みな我等の夢にだに見ざるところと聞く。
菊枝 加旃また加茂川の大水
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)