“切明”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
キリアケ50.0%
きりあけ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
切明の神事は、旧幕時代には、盆踊りと混同して、七月の十四日に神前で行はれて、名さへ念仏踊りと言はれてゐた。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
切明の神事の花竿持ち、盆踊りの音頭とりは、神々のよりましであつたものであらう。我々の推測は、更に百万遍や、幼遊びのなかのなかの小房主にも、又御柱廻りの遺風を見るのである。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
その話によると国境には切明があって、六林班から半日で皇海へ往復される。上州峠の上州側には六林班の鉄索運転工場がある。
皇海山紀行 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)