“刀蔵”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かたなぐら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“刀蔵”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また、伊予国いよのくにの大三島神社の刀蔵かたなぐらは有名なもので、何百年来の所蔵が三千ふりにも上っておりますが、凡そ一ヵ月もこもって調べたところ、三千口のうち光っている刀は十口ともなかったという
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)