“円光大師”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんこうだいし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円光大師”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其処そこには、弘法大師こうぼうだいし円光大師えんこうだいし日蓮祖師にちれんそし鬼子母神きしぼじんとの四つのお堂があり、憲兵屋敷は牢屋敷裏門をそのまま用いていた。
旧聞日本橋:02 町の構成 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)