“兵部大輔:ひょうぶたゆう” の例文
“兵部大輔:ひょうぶたゆう”を含む作品の著者(上位)作品数
佐々木味津三2
森鴎外1
“兵部大輔:ひょうぶたゆう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
奥方は小笠原おがさわら兵部大輔ひょうぶたゆう秀政ひでまさの娘を将軍が養女にしてめあわせた人で、今年四十五歳になっている。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
——その昔、周防すおう片田舎かたいなかで医業を営み、一向に門前の繁昌しなかった田舎医者は、維新の風雲に乗じて、めきめきと頭角を現わし、このとき事実上の軍権をにぎっている兵部大輔ひょうぶたゆうだった。
流行暗殺節 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
「にぶい奴じゃな。山県有朋から使いが立った、と分れば、わしが現在どういう職におるか、陸軍、兵部大輔ひょうぶたゆうという職が、どんなに恐ろしいものか、おまえなんぞなにも申さずとも、奴等にはがあるはずじゃ。すぐに行け」
山県有朋の靴 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)