“八雲御抄”の読み方と例文
読み方割合
やくもみしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八雲御抄』に曰く、初春の初子にかくすれば命ものぶるなり、『袖中抄』に曰く、この玉帚とはという草に子の日の小松を引き具して帚に作りて
有職について、院は『世俗浅深秘抄』、順徳院は『禁秘抄』をつくられ、歌については院は『後鳥羽院御口伝』、順徳院は『八雲御抄』を作られたのであった。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
八雲御抄』には単に「もずのくつで、我身がはりに蛙やうの物を、物に刺して置くなり」とばかりあるが、これも同じく時鳥に向って、支払われなければならぬの代価であったことは