“八荒”の読み方と例文
読み方割合
はっこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次の「千早帖」では、正成の金剛山、大塔ノ宮の吉野落ち、また九州における菊池武時の挙兵など、八荒の動乱から、足利高氏と新田義貞の中央進出までをほぼ収めたい。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼らは驀地に進み了して曠如吾家に帰り来りたる英霊漢である。天上を行き天下を行き、行き尽してやまざる気魄が吾人の尊敬にせざる以上は八荒に尊敬すべきものは微塵ほどもない。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
八荒
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)