“傳馬”の読み方と例文
新字:伝馬
読み方割合
てんま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六人乘りの傳馬呑手が揃つてゐるらしく、近寄るとプンと酒精が匂ひさうな中に、二十一、二の半元服の若い女が、單衣の肩を紅に染めて、らしい老女の介抱を受け
家々の燈火は水に映つてきら/\と搖曳いで居る。櫓の音をゆるやかにらせながら大船の傳馬で行く男は澄んだ聲で船歌を流す。僕は此時、少年心にも言ひ知れぬ悲哀を感じた。
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)