“俊基朝臣”の読み方と例文
読み方割合
としもとあそん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「もし。途上、まことに失礼なれど、それへおわたりあるは、蔵人、日野俊基朝臣ではおざりませぬか」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
皆さんは、『太平記』の中の俊基朝臣の「東下り」の条をお読みになったことがありましょう。
深夜の電話 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
「山賊や猟師の娘に月小夜だの小石姫だのがあって溜るもんか。月小夜姫は菊川で殺された俊基朝臣の娘さ。蛇身鳥だってあの坊主のは間違っている。猟師の女房じゃなくてやはり俊基朝臣の怨霊さ」
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)