“池田朝臣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いけだのあそ50.0%
いけだのあそみ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼻の赤い池田朝臣と痩せて骨立った大神朝臣との贈答のごときがそれである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
池田朝臣(古義では真枚だろうという)が、大神朝臣奥守に贈った歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)