“休息所”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きゅうそくじょ50.0%
やすみどころ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“休息所”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
加冠が終わって、いったん休息所きゅうそくじょに下がり、そこで源氏は服を変えて庭上の拝をした。
源氏物語:01 桐壺 (新字新仮名) / 紫式部(著)
十二社あたりへ客の寄るのは、夏も極暑の節一盛ひとさかりで、やがて初冬にもなれば、上のやしろの森の中で狐が鳴こうという場所柄の、さびれさ加減思うべしで、建廻した茶屋休息所やすみどころ、その節は
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)