“以太利亜”の読み方と例文
読み方割合
イタリア100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔し以太利亜の画家サルヴァトル・ロザは泥棒が研究して見たい一心から、おのれの危険をにして、山賊の這入り込んだと聞いた事がある。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
寒月君、君のヴァイオリンはあんまり安いから鼠が馬鹿にしてるんだよ、もう少しいいのを奮発して買うさ、僕が以太利亜から三百年前の古物を取り寄せてやろうか
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
以太利亜の、以太利亜の海紫に夜明けたり」
幻影の盾 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)