“仏陀波利”の読み方と例文
読み方割合
ぶっだはり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この両側左右の背後に、浄名居士と、仏陀波利払子を振り、錫杖一軸を結んだのを肩にかつぐようにいて立つ。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)