“仏陀世尊”の読み方と例文
読み方割合
ぶっだせそん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我が願いのかくも満足に成就したのはしく仏陀世尊妙光裡に接取せられて居るからであると深く内心に感謝し、紀念のために歌を作りました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
その一切智者の殿下に直接に日本の僧慧海がお遇い申すことを得て親しくお言葉をき、その教えを受くるに至りしはこれとりも直さず仏陀世尊がこれを許されたのみならず
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)