“仏燭”の読み方と例文
読み方割合
ぶっしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薄く手水鉢に明りのさしたのは、に光を放った舞台正面にただ一つ掲げた電燈で、樹にも土にも、霊境を照らす光明はこの一燈ばかりなのが、かえって仏燭の霊を表して
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)