“仁中”の読み方と例文
読み方割合
じんちゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
額広く眉太く、眼は鳳眼といって気高く鋭く、それでいて愛嬌があり、鼻はあくまで高かったが、鼻梁が太いので険しくなく、仁中の深いのは徳のある証拠、唇は薄くなく厚くない。
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)