“人身攻撃”の読み方と例文
読み方割合
じんしんこうげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たとい商売人でも役人でも、書生でもいかなる職業の人でも自分の同業者の悪口をいう。はなはだしきは人身攻撃をする者もある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
人身攻撃のごとき、あるいは卑怯なる言葉にって、自己が弁護せんとする議題をもかえってわれ、加うるにおのれの人品まで下劣にすることは往々にして見ることである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
我利々々亡者が他の者の事業を妨害したり、競争者を中傷したり、人身攻撃をしたり、捏造説をはいたり、その他卑劣な方法によりて得る利益は、僕のいう最良の利益とはあい反するものである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)