“人身犠牲”の読み方と例文
読み方割合
ひとみごくう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔ね、菊池寛が「真珠夫人」という小説を書いて金の為めに人身犠牲のような結婚をさせられた人の悲劇を書いてたことがあります。
女性の生活態度 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)