“亭構”の読み方と例文
読み方割合
ちんがま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平家づくりで、数奇亭構えで、の流れ、吹上げの清水、藤棚などを景色に、四つ五つ構えてあって、通いは庭下駄で、おも屋から、その方は、山の根に。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)