京近畿きょうきんき)” の例文
京近畿の諸民は、明智氏の滅亡を知っても、なお明日の世がどう向いてゆくか、地上の修羅がいつむか、大きくそれを見とおすことはできないのみか、むしろふたたび
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)