“井戸替”の読み方と例文
読み方割合
いどが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大体からいうと、墓薙盆道作りなど、十五日の先祖の訪問の待受けに力を傾けていたが、同じを以て井戸替虫払い、この日の水で洗うと汚れがよく落ちるといって、女たちは必ず髪を洗った。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)