“乱脉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らんみゃく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乱脉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
オースチン老師はその以前まえから固く眼を閉じ首を垂れ、今日で云えば精神集中、無念無想の三昧境さんまいきょう——この婚礼の成り立たぬよう、九献の盃飛び散って儀式乱脉らんみゃくになるようにと、懸命に心中で祈っていたが
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)