“乞食僧”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こじきそう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乞食僧”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一歳ひととせ初夏の頃より、このあたりを徘徊はいかいせる、世にもいまわしき乞食僧こじきそうあり、その何処いずこより来りしやを知らず、忽然こつぜん黒壁に住める人の眼界にあらわれしが、殆ど湿地にうじを生ずるごとく、自然にき出でたるやの観ありき。
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)