“久慈川”の読み方と例文
読み方割合
くじがわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現に久慈川のとある渡船場付近では、見上ぐる前方の絶壁の上から、巨巌大石しく河岸に墜落しているのを見る。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
翌日午前七時、昨日までの雨に引替えてギラギラ光る太陽に射られながら水戸出発、右に久慈川の濁流を眺めつつ進む。数里の格別変った事もなく、ただ汗のだらだら流れるばかり。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
描けるごとき白雲は山腹をめて飛び、眼下の久慈川には金竜銀波って、その絶景はいわんもなく、駄句の一つもりたいところであるが、一行は疲れ切っているのでグウの音も出ず
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)