“那珂久慈”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なかくじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
将門が常陸へ入ると那珂久慈なかくじ両郡の藤原氏どもは御馳走をして、へいこらへいこらをきめた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)