“与謝野鉄幹”の読み方と例文
読み方割合
よさのてっかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたかもしその日は与謝野鉄幹子を中心とせる明星派の人々『両浦島』を喝采せんとて土間桟敷に集れるあり。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
やや長じて私は、正岡子規の俳句運動に傾倒して、下手な俳句をったり、与謝野鉄幹の新詩社運動に呼応する積りで、石川啄木らと共に、幾つかの歌を作ったこともあったはずである。
日清戦役が済んで遼東還附に関する問題がしく、また、東北三陸の大海嘯があり、足尾銅山鉱毒事件があり、文壇では、森鴎外の『めさまし草』、与謝野鉄幹の『東西南北』が出たころ
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)