“上枠”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うわわく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“上枠”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それでは、電車の進行中、彼は窓から屋根によじ昇り、屋上の欄干らんかんに足を入れて真逆まっさかさまにぶら下ると丁度ちょうど、顔が窓の上枠うわわくのところにとどくから、そのまま蝙蝠式こうもりしきにぶら下って消音ピストルをうち放つ。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)