“一遍上人”の読み方と例文
読み方割合
いっぺんしょうにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お婆さんが絵になり、その絵が絵を描いているのであります。描く主と、描かれるとは別のものではありません。「念々の称名は念仏が念仏を申すなり」と一遍上人はいわれました。
益子の絵土瓶 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
教義となると、空也念仏の脈をひき、法然門下の浄土宗の流れもじえ、一遍上人の発想をとして、なかなかむずかしそうであるが、法友同士の約束は、かんたんでまた、しごく自由であった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「されば。一遍上人の起した藤沢道場とはここの由でございます」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)